人付き合いのコツを伝授!佐藤綾子のパフォーマンス学講座

*

わかりやすい話し方のコツは、いくつかある

      2014/08/05 07:25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかりやすい話し方のコツはいくつかあり、以下の通りです。
1つ目は結論を最初に行ってしまう事です。

話す時は主語や動詞が必要と言われますが、話しの最初に主語と動詞を言って結論までだらだらと話していると、話している本人も聞いている人も何を話していたのか分からなくなり、本当に言いたい事が分からなくなります。

なので結論を最初に言って、その次になぜその結論になったかを話すと良いです。

2つ目は1つの話題にいくつも話を入れない事です。

話したい事はいくつかあったとしても、1つの話題の中にいくつも話題を入れてしまうと、最終的に話している本人は全て上手く言い切ったと思うかもしれませんが、聞いている人は何の話しだか分からなくなります。

なのでいくつか話す事がある時は、1つの話題を話し終えてから話すと良いです。
3つ目は長い前置きをおかない事です。

話しによっては本題に入る前に前置きしておかないと分からない話しもありますが、あまり長い前置きをすると、話しを聞いている人は何を言おうとしているのか分からず、早く本題を話せと思ったり話しを聞く気がなくなります。

なのでどうしても前置きが長くなりそうな時は、前置きをする前に聞く人に少し長くなるけど。と言っておくと良いです。
その他にもわかりやすい話し方のコツを知る方法は、わかりやすい話し方のコツをキーワードに、インターネットで探すと沢山出てきます。

無料メルマガ

メルマガ読者だけに動画講座プレゼント中!

【人付き合いが苦手なのための克服のコツ3つ】
【無表情で損しないための3つのトレーニング】

をぜひご覧ください。

メルマガ購読・解除
 

体験セミナー受付中

全国各地から毎年、受講生が熱心に通い続け、高い評価を持つ、20 年の歴史と伝統を誇る「自己表現力向上」のためのセミナーです。


 - わかりやすい話し方のコツ