人付き合いのコツを伝授!佐藤綾子のパフォーマンス学講座 | 話さなくても会話上手になれる!?会話が転がる非言語表現
1092
columns-template-default,single,single-columns,postid-1092,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive
 

話さなくても会話上手になれる!?会話が転がる非言語表現

こんにちは、由岐中です。

 

「会話が続かない・・・」
「何を話せばいいのかわからない・・・」
「会話が苦手だ・・・」

こういう悩みを持つ人は意外と多いものです。もっとうまく会話ができるようになりたいと思う気持ちはわかります。そのために話の「中身」に意識が向いてしまうのもよくわかります。

でも、自分が話さなくても「会話上手」にはなれるのです。

 

相手はどんな人を「会話が上手な人」と感じるのか

人はどんな時に会話が楽しいと感じるのでしょうか。それは、「自分の言いたいことが言えている!理解してもらえている!」と感じるときです。つまり、相手が気持ちよく話すことができれば、それは上手な会話ということになるわけです。

 

では、そのためにはどうすればよいでしょうか。重要なのは、言葉以外の表現、つまり非言語表現です。パフォーマンス学では言語調整動作(レギュレーター)と呼びますが、あいづちやうなずき、身を乗り出して聴く、などがこれに当たります。

 

あなたが誰かと話しているところを想像してみてください。あなたが話している時に、相手が笑顔で程よいタイミングでうなずきながら、話が盛り上がってきたところで身を乗り出すように聴いてくれるとどうでしょうか。例えその間、相手が一言も話していなかったとしても話し手であるあなたは気持ちよくなってくるのではないでしょうか?

 

逆に、いくらお互いに同じくらいの発言数があったとしても、相手が無表情でなうなずき等の動作も全くしていなかったら、話をしていて楽しいと感じるでしょうか?

 

何を話せばいいかわからないなら、相手の話を盛り上げる

上記でお分かりのように、相手に楽しい会話だと思ってもらうためには、あなた自身が面白い話をすること以外にも、もしかしたらそれ以上に、相手に「私はあなたの話を聴いていますよ」ということを非言語で伝えることが大事です。

 

ですから、「自分から話すのが苦手」だという場合には、「何を話そう・・・」と悩む前に、「相手の話をどうやったら盛り上げられるかな?」ということを考えましょう。

 

大げさな事は必要ありません。話のテンポに合わせてうなずいたり、話を促すような一言(「そうですね」や「はい」など)を返すだけでも十分なのです。もちろん、顔の表情は話の内容に合わせる必要がありますが。

 

こう考えると、気持ちが楽になりませんか?

楽な気持ちで会話に臨めれば、それだけで雰囲気が良くなって、「会話上手」に一歩近づけます。

まずは、あいづち等の非言語動作を意識して使ってみてください。

関連講座 「信頼される自分の見せ方伝え方-最強パフォーマンス学入門」佐藤綾子

関連講座 「言葉より雄弁な非言語パフォーマンスの効果-グリンプスバイトとサウンドバイト」佐藤綾子

講座案内はこちらから

参考文献
佐藤綾子『自分をどう表現するか』
( 講談社現代新書/1995年 )

参考文献

佐藤綾子『できる大人の「見た目」と「話し方」』

( ディスカヴァー・トゥエンティワン/2016年 )

著者紹介

由岐中一順

株式会社国際パフォーマンス研究所 事業部長

1986年生まれ。

慶應義塾大学理工学部卒業、東京大学大学院修了。

新卒で外資系審査会社に勤務し、独立を経て2018年4月から現職。