人付き合いのコツを伝授!佐藤綾子のパフォーマンス学講座 | 佐藤綾子とは
328
page-template-default,page,page-id-328,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive
 

佐藤綾子とは

プロフィール

博士 (Ph.D パフォーマンス学、心理学専攻)
社団法人パフォーマンス教育協会 理事長
佐藤綾子のパフォーマンス学講座 主宰
ハリウッド大学院大学 教授

 

信州大学卒(1969年)、上智大学大学院卒(MA)
ニューヨーク大学パフォーマンス研究学科卒(MA)
立正大学大学院心理専攻博士 Ph.D. (パフォーマンス学)

 

非言語研究の第一人者として、累計4万人のビジネスリーダーとエグゼクティブ、首相経験者含む54名の国会議員と地方議員のコンサルとスピーチ指導で、絶大な信頼を集めている指導者。日本大学芸術学部教授を経て現職。

 

著書は「自分をどう表現するか」「非言語表現の威力」(ともに講談社現代新書)、「プレゼンに勝つ!魅せ方の技術」(ダイヤモンド社)、「『見た目』と『話し方』のコツ34」(ディスカバー・トゥエンティワン)など全191冊。2019年現在、著書累計321万部。

はじめまして、佐藤綾子です。
1979年から38年、私は日本のパフォーマンス学の創始者として、みなさまの自己表現能力の向上のためにひた走ってきました。

その結晶が誰でもが自己表現の達人になれる実践セミナー
『佐藤綾子のパフォーマンス学講座®』です。

創設24年(2017年度で)の実績があります。わかりやすくてすぐ使えるセミナーとワークショップを展開しています。

1980年、日本はやっとグローバル化の波に乗り始めたころです。

それだと言うのに、自己表現の下手なこと。
これでは世界の舞台で大切な影響力を発揮できない!

その危機感のもとに、ニューヨーク大学大学院のパフォーマンス学研究科第一期生として、夫の大反対を押し切ってニューヨークに飛んだのでした。

日本に帰国後、すぐにはなかなか自己表現のサイエンスとしてのこの素晴らしいパフォーマンス学の主張は認められませんでした。でも、そこを持ち前の120%の努力で開拓に突っ走り、ついに、1985年に出した「パフォーマンス人間の時代」(青春出版社)を、当時の中曽根首相も読んだ! 自民党の議員指導開始。「パフォーマンス」という言葉が、この年の流行語に選ばれました。

そしてこの38年間、広く学生と社会人のためのパフォーマンス学の研究と教育に情熱を注いでいます。

ビジネスパーソンのパフォーマンス学、子育てのパフォーマンス学を確立し、特に85年以降は、首相はじめ50人を超える国会議員など政治家のスピーチアドバイザーをはじめとして「ポリティカルパフォーマンス」、および、各大学医学部との提携による医師の教育と自己表現に関する「メディカルパフォーマンス」の2つの領域の開拓で定評があり、専門誌への発表と連載で活躍中。